多くの妊婦さんに共通す悩みは『ひどい便秘』。青汁を飲むことによってすっきりと解消しやすい体質づくりができます。妊婦さんと便秘にはどのような関係があるのでしょうか?

 

妊婦の便秘の原因

女性の多くは、妊娠すると便秘になりやすくなってしまいます。妊娠前は便秘なんて経験したことがない!という方でも同じ。
その理由はいくつかあるのですが、まず1つ目の理由は、妊婦さんは運動不足になりやすいという点。お腹が大きくなると体がバランスを取りにくくなってしまうので、誰でも妊娠前よりも動きやスポーツを無意識にセーブしています。もともと便秘体質の人だと、それが便秘に拍車をかけてしまうことに。

 

2つ目の理由は、妊婦さんのお腹が大きくなると、いきみにくくなってしまうという点があげられます。私自身、もともと便秘になりやすい体質だったのですが、お腹が大きくなると力みにくい上に、力むと赤ちゃんが出てしまうのではないかと考えると怖かったです。

 

3つ目の理由は、食物繊維不足。妊娠して胎児が大きくなると子宮が腸を圧迫するので、便秘になりやすくなってしまいます。だからこそ、普段以上に食物繊維をたっぷり食べて、自然にスッキリできる腸内環境づくりを意識することが大切なのです。

薬に頼りたくない!便秘に効果的な栄養素

妊娠前に便秘薬を飲んでいた方でも、妊娠中にはそうしたお薬はNG。化学成分を体に入れるのは胎児にとっても良くありませんし、化学成分の作用によって無理に蠕動運動をおこすことは、場合によっては子宮を収縮させて流産や早産をも引き起こしてしまうからです。

 

便秘体質の方にとっては、便秘薬なしでは出せないと不安を持つ方が多いのですが、便秘に効果的な栄養素をしっかり摂れば大丈夫!

 

腸内環境を改善して自然にスッキリするためには、オリゴ糖乳酸菌、そして腸内の便をからめとって排出するサポートをしてくれる水溶性食物繊維などの成分がオススメです。

 

これらの成分が全て入った青汁には、黒糖抹茶青汁寒天ジュレがあります。私も大好きな青汁で、入っている食物繊維はサツマイモのなんと29倍ですし、慢性的な便秘体質の人でも、これを飲めば毎日自然にスッキリできるのではないでしょうか。妊娠前から便秘体質の人や、妊娠中に便秘で悩みたくない人などは、ぜひ今すぐに青汁習慣をつけてみてください。きっと毎朝トイレに行くことが楽しくなるはずです。

 

 

 

妊娠中の便秘は、本当に辛いですよね。栄養素で解消するのは、便秘薬に比べて少し時間がかかりますが、毎日続けることで必ず身体に変化は起こります。あきらめずに、ゆっくり続けていきましょう!